FC2ブログ

ちゃわんの子育て♪

前のブログにおちゃわんの子供たちをUPしたら
なんだか懐かしくなって、少し前の写真をUPしてみました



110517_222801.jpg



三匹の子供たちにお乳をあげるちゃわん
産まれたばかりの頃は私達が近づく事をとても嫌がりました。



大きな大きなダンボールで子供たちを生む場所を作ってあげて、
産んでからしばらくはご飯食べるときと、おトイレ以外はダンボールからは出て来ず、
ずっと子供たちのお世話をしていました。


ダンボールから出る様になって、子供たちもよちよち歩きで、本当にもう可愛かったんです




子供たちをそれぞれもらってもらい、離れるとき本当に寂しかったのですが、
最近大きくなった子供たちの写真が届き、みんなでわいわい盛り上がっています


みんな本当にそれぞれかわいがってもらい、いい顔してました





ちゃわんは相変わらずおてんばで、おわんはのんびりぐ~たらですが、少しだけ大きくなった気がします




ちなみにブログを書くときは、いつもちゃわんが膝の上に乗ってます

ちゃわん

今日はおちゃわんを紹介します。



おちゃわんといっても、器ではなく、ちゃわんという名前の涓々窯にいるちゃんです。


去年の夏頃から涓々窯に来た、新入りです。まだ生まれてから1年経っていません。
もう一匹、おわんという名前の猫ちゃんもいて、ちゃわんが女の子、おわんは男の子で兄弟猫です。


今日はちゃわんを紹介します。



ちゃわんは、遊ぶのが大好きでなんでも挑戦しようとします。とにかくやんちゃさんです。

メダカを捕まえようとしたり、金魚に恋をしたり、なにかと忙しく動いていて、家中を走り回って、低い声でにゃ~にゃ~鳴いています。





こないだ梁で遊んでいて、降りられなくなって、困っているところを激写。

ちゃわん




全く困っている様には見えませんが、すーっとウロウロと梁を行ったり来たり、戻れなくなった様子。

どうするのかな~と、しばらく放っておくと、ドスンっ!!!と大きな音がして、

見に行ってみると、どうやら二階の高さから、一階に飛び降りたみたいで。


ついに二階から一階に階段を使わなくても、降りて来れる様になってしまった・・・

猫の女の子はみんなやんちゃなんでしょうか??
もう一匹のおわんという男の子は一切そういう事をしません。ぐーたらダラダラしてます。





ちゃわんとおわんが涓々窯にきて、とてもにぎやかになりました。

店舗にもたまに現れたりするので、良かったら会いにきてくださいね☆

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年、初の更新になります。
涓々窯は6日から通常営業をしております。

店内の模様替えもし、新商品もぞくぞくと出来上がってきています。

先週はたくさん雪が降って今でも工房の周りは少し雪が積もっています。
お車でお越しの際はお気をつけ下さい。

今月1月末に、
初売りセールを行いたいと思います。
主にビアマグを出そうと思っています。

1



日時、場所が決まり次第また、ブログにアップしますので、よろしくお願いいたします。


今年も皆様にとってとっても幸せな良い年でありますように☆



ゴミ処理場にいってきました。

こんにちは。二回目のブログです。


先日、ゴミ処理場に行って来ました。

器屋はどうしても割れてしまったものが出てしまうので、埋め立て処理をしてもらいます。

CA3F00020001.jpg


なんだかエコが問題になっている時に埋め立てゴミを出す事はとてもとてももやもやした気持ちになりました。

青い空に緑の森、その下すぐに色とりどりのゴミ山です。


埋め立てゴミは埋め立て地を作るときなどに使われるそうで、そう考えると、陶器は役に立つのかもしれないですね。


工房前にある、綺麗な割れ物は地元の方にもらって頂いて、花壇を作る為に使ってもらったりしています。



割れてしまったものも、愛情を込めて私達が作ったものなので、なるべく、目的がわかっていて役立つように使われて行って欲しいと願っています。




そして、ゴミ処理場に去ろうとふと振り返ると、こんな看板が。。。

CA3F00030002.jpg



私はラスカルを見て育ったので、ものすごく衝撃的でした。

畑などを荒らしたり、ものすごく悪いらしいので、こういった看板が普通にあるみたいです。



本当に色んな事を考えてしまう日でした。

一発目。

こんにちは。涓々窯です。


一発目のブログで緊張気味ですが、今日はスタッフNが担当します。


何を書こうかと、雨の中ひとり悩んでいると「工房の裏で畑のキュウリが倒れているぞー!!」という情報が。。。


これは一大事!と思って現場に急行してみると、すでに苗を直している親方の姿が。

手にはどでかいキュウリを4本持っていました。



私はすかさずキュウリを猿のように奪ってきました。



そのどでかキュウリがこれ↓↓

きゅうり


自分のお手柄としてここに載せました^^





これからこのブログには涓々窯のいろんなスタッフが登場していきます。

お楽しみに☆